ヘッダー

サラリーマン副業は今後も増加する傾向にある

副業は昨今の景気の低迷が継続している事で増加傾向に有ります。 一部景気が上向き始めた企業も少し増えてはいます。 しかしまだ多くの企業は従業員の手当や残業を減らす傾向に有り、ワークシェアリングなどの労働時間の配分の変化も広がり続けています。 そのような現代に於いて、年収を維持、又は増加させようとすれば、サラリーマンなどの会社勤めをしている人は勤務時間外で他の仕事をするしかありません。 勤務時間外の仕事と言っても、昔のように単純に労働をするだけが現代の仕事では有りません。 現代はネット社会であり、自宅に居ながらにしてビジネスをしたり、不労所得を得たりする事が可能です。 例えば自宅で権利収入につながる商標やデザイン、パテント関連を開発するのに大きな設備も必要有りませんし、時間も多くかかるとは限りません。 ほんの数時間、数分の間にひらめいた事が大きな収入源となる場合も珍しくは有りません。 例えば、一般の主婦が発明した、たった一つの商品が数億円を発明者に与えたり、継続的に権利金が入っているなどという事は割と身近に聞く話です。 ですから、税金のことを考えて例えサラリーマンが在宅で副業すると言っても、他にアルバイトをして労働する必要は全く無いわけです。

社会的な背景も副業に影響している可能性が大きい

在宅でできるサラリーマン副業が人気

再び副業の種類について考えてみますと、確かにサラリーマンがアルバイトをする、内職をするというのは最も単純な方法です。 しかし効率的には最も低いです。 尚且つ、肉体的精神的にかなり疲労します。 そして、会社員であれば、就業規則にアルバイト禁止とはっきり明示されている場合も少なく有りません。 それは企業からすると当然の事です。 就業時間外は十分な休息をとり、雇用者の仕事に集中して売上を上げて欲しいのは雇い主からすると当たり前の考えです。 会社が大きければ株主などの投資家にも配慮しなければなりません。 そうなりますと、もはや雇い主だけの判断だけで企業を運営する事は困難な状況となります。 そのような会社という組織の中で仕事をしている従業員が、他の任務をしていて、そのせいで本業の売り上げが下がったとなってはその従業員を解雇せざるを得ない事も十分考えられます。 もし原因が副業をしているせいでは無いとはっきりしていたとしても、実際に職場の業績が下がれば、本業以外の時間のせいにされてしまうでしょう。 そのような中で別の副業としては、在宅でインターネットを利用した種類が有ります。 この場合、税金や時間に対する効果、つまり時給とも言えるものはうまくいかない場合はゼロ、もしくは借金が発生する事も有り得ますが、無限の収入を得る事も可能です。 今挙げた例は極端ですが、月収を数万円から数十万円増やす事は決してそれほど難しいことでは有りません。 在宅であれば、サラリーマンもまず移動時間が必要有りません。 よって交通機関を利用する費用も掛かりません。

住宅ローンや家計の足しにするためにサラリーマンが働く


自分のお小遣いのためのサラリーマン副業

勤務の時間はサラリーマンとは異なりフレックスタイムです。 つまり仕事をする時間は自分の好きに決める事が出来ます。 その分精神的疲労も減ります。 心に余裕が有ると例え短時間でも良い内容が出来ます。 周囲に与える心配も外でアルバイトをするよりもずっとましです。 税金や会社の責任に影響をきたさない範囲の量、内容の加減が出来ます。 このようにサラリーマンが副業をする場合は、在宅でする内容をインターネットを媒介として行う事が最も効率的であると言えるでしょう。 そして副業の仕事の方が企業での給料より多い収入となる事は珍しくなく、もっと収入を増やしたければ、職場での労働時間をその手間に使えば必然的に収入はかなり増加するでしょう。 その時は会社を辞めてしまうという判断も間違いでは有りません。

少しでも余裕を作るために空いた時間で副業して働きたいサラリーマン


将来の不安を支えるためのサラリーマン副業の形態

サラリーマンは会社では例えトップになっても収入が満足のいくもので無かったり、副業が増加する見込みが無い場合は職場以外に通勤をするか、条件の良い別の企業に転職するしか有りません。 あくまで、自分が何を求めているのかがとても重要な事です。 そして本業以外での仕事が必ず収入の増加につながる保証は有りませんし、在宅でも思った程儲けが無い場合も有ります。 失敗も多くするかも知れません。 収入増どころかよく税金を調べもしなかったせいで、サラリーマンも副業によって借金が出来るかも知れません。

何が起きるかわからないというサラリーマンの不安


データ入力

週末起業

おすすめ

ネットビジネス

確定申告

サブコンテンツ

安心感が欲しいという背景

プロフィール画像

ここではリスクに応じたリターンを得る事になります。 しかし、サラリーマンでもそれはよく知る事で副業がリスクで無くなる可能性が有る事を意味します。 ですから、体力はあまり使わなくても、それなりに知識と経験を得る強い気持ちと時間をとる覚悟は必要です。

リスクがあるならしない

つまり、ローリスクはローリターン、ハイリスクは知識と経験を積む事によって副業のローリスクハイリターンとする事が出来るという事になります。 それにはやはり努力が必要であると言えます。 現代のサラリーマンはまだ収入を増やすには困難が多いです。 例え少し収入が増えてもその分所得税、社会保険、厚生年金の掛金も増えます。

少しでも負担を軽減する

多少収入が増えてもこれまでより余裕のある生活を望むのはなかなか難しいのが現状です。 そして副業の選択によっては会社自体を解雇されかねないリスクも有ります。 またその会社以外での仕事を解雇されるかも知れません。 よってサラリーマンである限りは在宅で別の内容をするのが一番ローリスクです。 その中でもインターネットを利用したタイプをするのが限られた選択肢のなかでも良い選択となるでしょう。

このページの先頭へ